クラシックバレエ

クラシックバレエにならった準備運動、ストレッチ、体力作り、それからクラシックバレエの動きを取り入れた動きを学んでいきます。

■この講座の効果と狙い

クラシックバレエは敷居が高いものと思われがちですが、少しずつバレエに触れていきながら、姿勢を整え、骨格の矯正つなげ、身体を動かす楽しさを感じてもらいます。

■講師プロフィール

清水 友梨香

6歳よりクラシックバレエを始める。
立教大学にてコンテンポラリーを通じて身体表現を学び、卒業後井上バレエ団に所属。以後全公演に出演。
その他NeoActというクラシックバレエのジャンルを超えたコンテンポラリー バレエの団体にも所属し、公演を行なっている。
現在は舞台に立ちながら子供から大人までクラシックバレエの指導、ストレッチ指導を行なっている。

森田 真代

4歳からクラシックバレエを習う。
チャイコフスキー東京バレエ学校等で学ぶ。
大学休学中にアメリカでクラシックバレエ、モダンダンス、ジャズダンスなど1年間学び、
その後劇団四季に8年間在籍。
全国で公演を行い、年間100〜200回程の舞台を踏む。
退団後はヨガ、バレトン、バレエインストラクターとしてスタジオで勤務する。