6月6日は習い事を始める日!?

 | 

子供に習い事をさせるのは、一体いつ頃がよいのでしょうか?

昔から、6歳の6月6日に稽古を始めると上達がしやすい、と言われてきました。

 

実際、6月6日を、「楽器の日」、「邦楽の日」、「いけばなの日」などのお稽古の日として捉える風習は今でも残っております。

 

では、どうして6歳が稽古を始めるのに適しているのか?
そして、稽古始めは誰が決めたのでしょうか?

 

そもそも稽古とは?

「今日はピアノのお稽古なんだ♪」
と普段何気なく使っている「稽古」という言葉。

 

本当の意味をご存じでしょうか?

 

 

「稽」は「考える」という意味、
「古」は「古い(いにしえ)」という意味。

 

あわせて、「古(いにしえ)を考える」、もしくは、「過去や先人から学ぶ」という深い意味があります。

 

武術や芸術、技術などを習う事にとどまらず、
昔から伝わる書を読んで、ものの道理や故実、礼儀、作法などを学ぶことも稽古に含まれます。

スキルだけでは、一流にはなれないということですね。

 

つまり、

「何かを習う際は、ただ練習を繰り返すだけではなく、
習い事の歴史や由来を知り、伝統を重んじ、人間的成長を遂げてこそ、一つの芸術を習得することができる。」

 

このような考えを、昔の人は言い伝えてきたのですね。
奥が深いです。

 

 

稽古始めは誰が決めたの?

では、稽古の日と言い伝えられてきた、6月6日の稽古始めは、一体誰が言い出したのでしょうか?

 

 

さかのぼること、室町時代。

能楽を集大成した世阿弥(ぜあみ)が記した能の理論書、「風姿花伝(ふうしかでん)」に記されています。

 

世阿弥は、この風姿花伝の中で「数えで7歳、つまり6歳の年に稽古を始めるのが良い」と説明しています。

 

 

そして、

「この頃の稽古は、子どもがやりたいようにやらせるといい。
そのなかで、自然に出てくるやり方の中に、必ず個性的な有様が見えてくる。
『こうすると良い』とか『そうしちゃいけない』とか、事細かに教えるのはかえってよくない。

あまり細かく教えたり注意したりすると、やる気を失い能そのものの進歩が止まってしまう。」

 

なども言っています。

 

 

このように、「お稽古の日」は室町時代の世阿弥から伝わっているのです。

 

また、この風姿花伝では、現代にも活きる教訓の数々が詰まっています。
わかりやすく解説されているものもあるので、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

6月6日になった理由は?

6月6日になった理由は2つあります。

 

ひとつは、歌舞伎の台詞からきています。
江戸時代に、歌舞伎の台詞に「6歳の6月6日の、、」とゴロの良い言い方が使われるようになり、それが定着した説。

 

 

もうひとつは、指で数を数える時の指の形からきています。

指を折って数を数えるときに、親指から数えていくと、6を数えた時に小指が立つと思います。

 

「小指が立つ」→「子が立つ」→「子が自立する」

と考えらえるようになりました。

 

 

どちらも、明確な理由ではないですが、
6月6日に習い事を始めると、縁起がよさそうな気もしますね。

 

 

ぜひ、昔から残る「お稽古の日」をきっかけに、お子さまの成長に役立つ習い事を始めてみてはいかがでしょうか?