運動神経は遺伝しない

人間の脳は3歳までに大脳、小脳、脳幹という基本的な構造がほぼ出来上がり、6歳までに9割、12歳までにはほぼ完成するといわれています。

運動神経をよくするためには、この脳の発達に合わせて運動をしていくことが大切です。

 

つまり、運動神経は親から子に遺伝しないのです!

 

スポーツ選手の子供は同じようにスポーツができる、など考える人もいますね。

また、自分自身が運動音痴で、子供にも運動は期待できない、、など最初から諦めている方も少なくはないと思います。

 

しかし、例え親が運動音痴だったとしても、小さい頃からしっかりと運動ができる環境があり、年齢に応じた運動ができるかどうかで、運動能力が変わってくるのです。

 

 

幼児期は赤ちゃんの基本的な動作が重要

幼児期では、寝返り、ハイハイ、つかまり立ちなどの基本的な動作が大切です。
これらの動作は、今後の歩いたり、走ったり、正しい姿勢を保つことにつながってきます。

 

特に、ハイハイは胴体を支えながら動くので、腕や胸、足の筋肉の向上につながり、同時にバランス感覚も鍛えられます。

体の隅々を使う全身運動なので、とても重要です。

 

 

1歳から2歳はボール遊びをさせよう

一人で歩けるようになったら、ボール遊びがおすすめです。

 

1歳くらいの時期はボールを追いかける、投げる、蹴るなどの動作を覚えます。
2歳になると、ただ追いかけるだけではなく、走って追いかけることができるようになります。

 

 

3歳から6歳はバランスをとることを意識して運動をしていきましょう

この時期にバランス能力をしっかり身につけることができれば、大人になってからのスポーツで大いに役立つようです。

 

ブランコや、アスレチックなどの遊具を使ったり、
縄跳びや、単純な片足立ちなどでもいいでしょう。

 

 

小学校低学年では、運動の基本動作を行おう

運動の基本動作となるものは、
「歩く・走る・投げる・捕る・跳ぶ・蹴る」などがあります。

 

鬼ごっこや、キャッチボール、相撲ごっこなどがおすすめです。

 

 

上記からわかるように、12歳までに大切なのは「基本動作」が出来るようになることです。

ひとつのスポーツや運動にこだわらず、いろいろな運動をすることが大切です。

ぜひ運動会で目立つお子様に育てましょう!