フィットネスヨガ講師紹介

 | 

 

はじめまして。

「ヨガとマインドフルネス」を担当します田淵と申します。

 

子ども達からは、Tabtab先生(たぶたぶ)と呼んでもらっています。

 

私が子どもの頃、親や大人が言うことが「正しい」事で私が感じ、思っていることは「正しくない」ってこと?、、なのかなぁ、、、と感じていました。

自分の意見を言うと「口ごたえをするんじゃない!」と、バッサリ!

 

でも、それって「親・大人の価値観」の刷り込み、押し付けですよね。

 

私の育った頃は、そんな時代でもあったんです。

子を思い、心配するがゆえの、、。

 

しかし、そんな時代も終わりです。

 

 

ヨガには「ヨガ哲学」というものがあります。

 

子ども達は素晴らしい存在!

サンスクリット語で「サットヴァ」といいますが、本来子どもは純粋で美しく、キラキラ光り輝く「サットヴァ」な存在なのです。

それなのに、少しずつ曇っていく、、、。

 

なぜ!?

 

大人や親にわかってもらえない、友達の一言に傷つく、、など、社会でもまれていくうち、気がついた時には「自己肯定」出来ない自分が出来上がっています。

雲ってしまうのです。

 

自己肯定できないのは、辛いものです。「自信」を持って生きて行けないのですから、、。

見せかけの「自信」はいつか崩れてしまうでしょう。

社会や環境から与えられる「試練」とも思えるような、辛く苦しい出来をどのように捉えられるかで、見る世界、感じる世界が変わります。

 

呼吸を調え、体を調え、心の曇りを取り除くことが出来たとき、本来の私「サットヴァな私」に戻ることが出来ます。

 

「サットヴァな私」が「ありのままの私」です。

ありのままの私でいられる時「自己肯定感」を武器に、力強く!自分軸で生きて行けます!

ヨガ、マインドフルネスは、くすんだ心の曇りを取り除き、この光を輝かせてくれるツールです。

 

子どものうちから「サットヴァ」に戻る方法を身につけて、自分の人生を悠々と生きて生けるよう、是非おうちの方も一緒にヨガやマインドフルネスを行ってみてください!

 

田淵 プロフィール