パズルが子供に与える効果

年齢関わらず、人気のあるパズルは、子供の教育にたくさんの効果があります。
ジグソーパズルは、そもそも子供の教育のために生まれたそうですね。

今回はそんなパズルが子供に与える効果について紹介します。

 

 

手先が器用になる

パズルが好きな子は手先が器用であるというデータがあるそうです。
1枚1枚のピースを組み合わせていく作業は、手先を器用に動かすことが必要であり、目や形で絵柄を確認しながらはめていかないといけません。
つかんだり、ピースをはめる作業は、小さい子供にとっては難しい作業です。
最初は大きなピースのパズルから始めていき、慣れるにつれてピースの数を増やしていけば、手先の器用さが養われるでしょう。

 

 

集中力が高まる

細かいピースを組み合わせる作業は、集中力を養います。
夢中になればなるほど、たくさんの時間集中していられますね。

 

宇宙飛行士の訓練でも、実はパズルが使用されています。
絵柄がない真っ白なパズルをやっているそうです。
極限状態が想定される宇宙で、必要な忍耐力をトレーニングするのに最適だそうです。

 

 

記憶力が高まる

子供の場合、一度完成したパズルを壊してまたやり直す、ということがあると思います。この過程を繰り返すことで、脳と体がパズルの構成や完成した時の絵柄を覚えていきます。

また、完成図を思い浮かべながら作業する事で、前頭葉が刺激されるそうです。

 

 

想像力や考える力を高める

1枚のピースから、どの向きで絵のどこの部分になるかを考えることは、子供の想像力を高めることに繋がります。
1枚1枚繰り返すたびに想像力がついていくでしょう。

 

また、断片的な絵柄によって、完成図を考えていくことは、
子供の発想力や推測力なども鍛えることができますね。

 

 

達成感を得られる

1枚のピースがはめられた時、子供にとっては1枚1枚が感動ものです。

全て完成できたときは、楽しい絵柄も見ることができ、自分でできたんだ、という達成感を感じることができるでしょう。
子供の自信にもつながります。

 

 

 

 

パズルは1歳ごろから対象になっているものもあるので、
年齢に合わせたパズルを選び、うまく学習能力の向上に使用してみましょう。